サービス紹介
Strutsマイグレーションサービス

Strutsの移行に必要なすべてのプロセスをワンストップでサポート

HOME > サービス紹介 > マイグレーションサービス > Strutsマイグレーションサービス

Struts系フレームワークは、いずれも過去、頻繁に脆弱性の指摘を受けています。
Struts系フレームワークで構築された既存アプリケーションを引き続き安全に利用できるよう、Spring MVCへの移行をサポートします。

struts1/struts2 脆弱性問題と継続利用のリスク

  • 任意のコードを実行できる脆弱性
  • セキュリティパッチ、
    修正版が提供されない
  • カード情報、個人情報の流出
  • 悪意による情報漏洩事例が
    多数あり

シーイーシーのStrutsマイグレーションサービス

特長
1
自動変換ツールの活用で高品質かつ効率的な移行

自動変換ツールを活用し、Strutsの標準的なソースコードであれば自動的に移行することが可能です。手作業による人為的ミスや手戻りを抑制できるため、高品質かつ効率的なマイグレーションを実現できます。独自にカスタマイズされたStrutsをお使いの場合や、Validationの定義方法に違いがある場合など、お客様の資産に合わせて移行ツールをカスタマイズすることも可能です。

特長
2
Struts部分以外のマイグレーションにも柔軟に対応

Strutsと併せてアプリケーションを構成しているAPサーバー、Java(JDK)、Spring Framework、MyBatisなどのバージョンアップにも対応できます。
また、データベースのバージョンアップや、OracleからSQL Serverなどへのデータベース変更、データベース変更に伴うSQL変換にも対応が可能です。

特長
3
便利なワンストップ/トータルソリューション

アセスメントから、設計・開発・テスト・導入、運用・保守に至るまで、すべての移行プロセスにワンストップで対応します。
しかし、Strutsから脱却するだけでは、セキュリティ対策が十分とは言えません。シーイーシーのトータルセキュリティソリューション「Cyber NEXT 別ウィンドウで」を活用することで、進化し続けるセキュリティの脅威に対抗し、お客様のビジネスを守ります。

Strutsマイグレーションサービス before after

自動変換ツールを活用し、現行アプリケーションの機能をそのままに、最新のSpring MVCフレームワークに移行します。移行対象となるのは、主にStruts設定ファイルに記述していた画面遷移関連のコードです。

サービスの流れ

まずは無料診断を実施します。作業に着手する前に概算見積をご確認いただけるので安心です。
ステップ1で調査分析・パイロットコンバージョンを実施した後、ステップ2から本格的な対応に移ります。

Strutsマイグレーションサービス サービス提供の流れ

Apache Strutsで開発された業務システムの脆弱性と継続利用のリスクにお悩みであれば、シーイーシーのStrutsマイグレーション(migration)サービスをご利用ください。トータルセキュリティソリューション「Cyber NEXT 別ウィンドウで」を活用し、安全かつ高品質で効率的なマイグレーションを実現します。
Struts系フレームワークのセキュリティに不安をお持ちの企業の方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

御社システムの移行インパクトを測定します!現行システム無料診断

Page Top