Amazon RDS移行サービス

Amazon RDSへのDB移行に必要なプロセスを
ワンストップでサポート

Re@nove(リノーブ)では、「独自の変換メソッド」と「AWSの移行・変換ツール」によって、Amazon RDSへのDBマイグレーションに必要なすべてのプロセスをカバーする総合サービスをご提供します。
データベースの切り替えとあわせて発生するその他のソフトウェアの変更、バージョンアップなど、移行後のシステム継続利用に必要な影響範囲についても、対応します。

Amazon RDSへの移行イメージ

Amazon RDSへの移行イメージの図

こんなICT課題を
解決します

  • AWS移行(クラウド化)に合わせてデータベース製品を切り替えたい
  • アプリケーションの影響まで見据えた移行を実現したい
  • Amazon RDS移行によりデータベース運用から解放されたい

Re@noveのAmazon RDS移行サービスの特長

診断~保守まで
ワンストップでご提供

Amazon RDSへのDBマイグレーションに必要なすべてのプロセスをワンストップでご提供します。個別のプロセスに切り出して対応する場合も、すべてのプロセスを把握しているため、全体最適の視点を持って推進することが可能です。

  1. 現行システムの
    ヒアリング
    診断/分析/可視化
  2. PoC
    (実環境検証)
  3. 新環境への
    マイグレーション
  4. 移行確認
    テスト
  5. 保守運用

マルチプラットフォーム対応可能

DBマイグレーションを行う際、その他のソフトウェアのバージョンアップやソフトウェア変更も同時に対応するケースが大半です。Re@noveのAmazon RDS移行サービスでは、各種ソフトウェアの変更も同時に対応するケースが可能です。

マルチプラットフォーム対応可能の図

万全のセキュリティ対策

Cyber NEXT パブリッククラウド監査サービスは、EC2やRDSに関するセキュリティ設定の脆弱性を、業界標準のコンプライアンス(PCI DSSやGDPRなど)に沿って、監査いたします。
また、Cyber NEXT 脆弱性診断サービスを活用することによりお客様のWebサイトに潜む脆弱性をついた攻撃(SQLインジェクションなど)を未然に防止することが可能です。

DB移行無料診断サービスを実施

診断期間2週間~1ヶ月で、新環境への移行にあたっての移行インパクト、要改修範囲、改善・効率化が可能なプロセスの洗い出しや、コスト削減効果など、現行データベースからの移行診断を無料で行います。当社分析ツールを使用することにより、データベースだけでなく、アプリケーションも含めた、より精度の高い診断結果をお出しすることが可能になります。

移行インパクトを
全方位から分析
データベースの影響範囲にとどまらず、システム構築・アプリケーション・運用・ライセンス料比較など、移行に関するインパクトを漏れなく全方位から分析します。
データベース以外の
ソフトウェア変更も
あわせて対応
データベースの切り替えとあわせて発生するその他のソフトウェアの変更、バージョンアップなど、移行後のシステム継続利用に必要な影響範囲についても、移行インパクトを分析します。
現物解析により
高精度の分析を実現
ソースコードとデータベース定義情報のメタデータを解析するため、机上のアセスメントでは実現できない高精度の影響分析が可能です。

Amazon RDS 移行実績

業種 システム 工程 利用サービス
新聞業 記事情報
システム
要件定義、基本設計→
システムテスト
Amazon CloudFront
AWS IAM
AWS WAF
Amazon EC2
Amazon S3
Amazon RDS(PostgreSQL)
Amazon API Gateway など
小売業 店舗
システム
基本設計~結合テスト Amazon EC2
Amazon S3
Amazon SQS
Amazon RDS(PostgreSQL)など
金融業 Web
フロント
システム
要件定義、基本設計→
システムテスト
Amazon CloudFront
AWS WAF
Amazon EC2
Amazon S3
Amazon RDS(PostgreSQL)
Amazon API Gateway など

「Amazon RDSへのデータベース移行」「クラウド化」「運用コスト削減」を検討中のお客様、
まずは無料診断サービスをお試しください。

無料診断

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

page top