Re@nove

TCO削減やシステム維持業務からの解放、顧客訴求力アップなど
成長分野へのパワーシフトを実現します!

Windows/Office EOS対策は進んでいますか? 働き方改革を強力サポート RPA導入~運用まで資料公開中!

既存資産を再生して、成長分野へのパワーシフトを実現!

企業の成長と競争力を維持するためには、「事業拡張のための戦略的投資」「セキュリティ脅威に対する投資」が必要不可欠です。その一方、多くの企業では老朽化した既存システム(レガシーシステム※)の維持管理・運用労力がすでに許容の限界に達しており、成長戦略に即したICT投資ができないジレンマが生まれています。
この解決策として、「マイグレーション(migration)」に注目が集まっております。

※「レガシー」(legacy)とは英語で資産・遺産という意味で、長年に渡り使用されてきたが、稼働するソフトウェアや言語などが古くなり相対的に時代遅れとなった古いシステムのこと。(メインフレーム上で稼働するシステム、VB 6.0、Flash/Flexなどサポート期限切れの言語で構築されたアプリケーション、Strutsフレームワークを利用したセキュリティ対策不全システムなど)

ビジネスを成功に導くマイグレーションとは

レガシーシステムの延命や移築、新システムとの連携処理を行うだけでは、コスト以上の新しい価値は生まれません。このような対処法は、いわば「ICTシステムのリフォーム」です。
マイグレーションの本来のゴールは、成長戦略を実現する最適解としてシステムを再生すること。
私たちは、リライト、リホストといった手法にとどまらず、ビジネスを成功に導くシステムへと進化させるこの手法を「ICTリノベーション」と呼んでいます。

ICTシステムのリフォーム:個別の課題に対処するマイグレーション ソフトウェアの保守期限切れ ブラックボックス化 旧言語技術者確保 ICTリノベーション:ビジネスを成功に導く複合ソリューション 維持運用プロセスからの解放 顧客訴求力向上 TCO削減

セキュリティの強化、新規ビジネスのスモールスタートを可能にする柔軟性の確保、顧客訴求力向上、維持運営プロセスの負荷軽減、TCO削減など、成長戦略においてICT部門が期待される役割は多種多様です。
ICTリノベーションサービス「Re@nove」は、ビジネスの足かせとなっているレガシーシステムの課題を解決するだけでなく、御社の成長戦略を実現に導く強力な戦力として再生し、成長分野へのパワーシフトを実現します。

御社システムの移行インパクトを測定します!現行システム無料診断

Page Top