】Google Tag Managerタグ ↑ --> -->

レガシーシステムのリノベーションでビジネスイノベーションを

Re@noveは、豊富な実績と蓄積されたノウハウで潜在化した課題をも
的確に洗い出し、レガシーシステムを急速な時代の変化に即した
新システムへと再生させ、その先にある成長分野への投資増大を可能にする
マイグレーションサービスを提供します。

近年かつてないスピードで発展するデジタル化の波により、 AIやIoTといったデジタル技術の活用によって、ビジネス環境の激しい変化に対応し、競争上の優位性を高める「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが活発化しています。DXへの取り組みが活発化した背景には、経済産業省が発表した「DXレポート」 で、「2025年の崖」という言葉が大きく取り沙汰されたことにもあります。「2025年の崖」とは複雑化、ブラックボックス化したシステムが残存した場合、 IT人材の不足やサポート終了などによるセキュリティリスクの高まりによって2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性があるというものです。このまま古いシステムを使い続ければ、維持管理費、セキュリティリスクの増加が、成長戦略の実現やイノベーションへの足かせとなることが明白です。2025年の崖を克服するには、ITシステムを迅速に開発する「スピード」と容易にシステムの変更や保守が可能な「柔軟性」が必要であり、そのためにはシステムの刷新、マイグレーションが、急速なビジネス環境の変化に対応するカギとなります。

※「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念

新たな価値を生み出すICTリノベーションで
成長戦略を実現に導くシステムに再生しパワーシフトを実現

従来のマイグレーションのイメージがリフォーム(原状回復)だとしたら、Re@noveのサービスのイメージはリノベーション(再生/変革)です。既存のICT資産を活かし、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できる戦略資産へ革新させ、新たなビジネスに価値を生み出していくことを、私たちは、“ICTリノベーション”と呼んでいます。ビジネスにおけるICTシステムの役割は日に日に大きくなる一方、予算・リソースともに現行システムの運用保守で手一杯という企業が多いのも現実です。Re@noveは、このような課題を抱える企業様のICT業務プロセス見直しを行うことで、TCO削減と成長分野への投資増大を可能にします。

成長分野にシフトしさらなる投資拡大を実現への図※一般的なICT予算に占めるシステム維持コストの比率(日経コンピュータより抜粋)

Re@noveが実現する未来を見据えた
マイグレーション3つの特長

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2442

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

page top