レガシーシステムIE脱却サービス

企業に散在するIE依存のWebアプリケーションを改修、
ご要望に合ったブラウザーで継続利用を可能に

Internet Explorer(IE)は2022年6月でWindows 10のサポートが終了します

IE向けに作成されたWebアプリケーションシステムを他ブラウザーで利用し続けた場合、正常に表示・動作しない可能性があり、不正アクセスやウイルス感染など、セキュリティリスクも高まります。サポート終了に備えて、IE以外の他ブラウザーで利用できるようにWebアプリケーション改修を早期にご検討ください。
※ Windows 10 LTSB(Long-Term Servicing Branch)/LTSC(Long-Term Servicing Channel)を除く。

IE サポート期間の図

IE依存により懸念される課題

  • 既存システムの対応ブラウザーが
    IE以外サポートしていない
  • システムごとに利用するブラウザーが
    異なるため利用者の利便性が低下

IEのサポート終了に伴うリスクや利便性を考慮し、
根本的な対策を検討することが重要です

その課題、レガシーシステムIE脱却サービスが解決します

  • 対応ブラウザーをIE依存から脱却することで、
    機能はそのままに継続利用が可能
  • ご要望に合ったブラウザー
    (Microsoft Edge、Google Chrome)
    対応により、利用者の利便性が向上

IE依存を前提として開発されたWebアプリケーションに対して、IE特有の修正箇所を特定、
影響範囲を調査して変換することで他ブラウザーでも操作性はそのまま継続利用できるようにします。
また、ブラウザー対応以外のシステム改修も柔軟に対応することができます。

「IE依存」アプリ、IE依存部分の改修、「IE脱却」アプリの図

レガシーシステムIE脱却サービスの特長

自動変換ツールの活用で
高品質かつ効率的な変換

・自動変換ツールを活用し、標準的なソースコードであれば自動的に変換することが可能。
 
手作業による人為的ミスや手戻りを抑制できるため、高品質かつ効率的に変換します。
・独自にカスタマイズされたソースコードがある場合は、お客様の資産に合わせて
 
変換ツールをカスタマイズすることも可能です。

ワンストップ/
トータルソリューション

・アセスメントから設計、開発、テスト・導入、運用・保守に至るまですべてのプロセスを
 
ワンストップで対応します。
・最適なセキュリティ対策やユーザビリティ対策などWebシステムにまつわる
 
お客様のご要望にお応えいたします。

ブラウザー対応以外も柔軟に対応

・APサーバーやJava、データベースのバージョンアップ、SQL変換も対応可能です。

レガシーシステムIE脱却サービスの流れ

無料診断にて、概算見積をご確認いただけるので安心です。
調査分析・パイロット変換を実施した後、本格的な対応に移ります。

アセスメント
  • 修正箇所の調査・報告
  • 移行インパクトの分析
  • 移行方式のご提案
  • 移行費用・期間の算出

    現行システムの移行インパクトを可視化し、最適な移行プランを提案いたします。

調査分析・
POC
  • 調査・分析・パターン設計
  • パイロット変換の実施(必要に応じて)
お見積り
  • 本格対応のお見積り
本格対応
  • 自動変換
  • 手動変換
  • 動作確認

レガシーシステムIE脱却サービスの
提供メニュー

提供メニュー 内容 提供価格
アセスメントサービス IE利用を前提として開発されたシステムに対し、ブラウザー変更に伴う修正箇所を調査し、報告書を提示します。 40画面まで
50万円(税込55万円)~
変換・動作確認作業 調査・分析を重視したアプローチにより、ブラウザー変更に伴う修正箇所やリスクを可視化し、最適な対策を早期に実施します。 個別見積

IE依存のWebアプリケーション改修でお困りの企業の方は、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

サービス一覧

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

03-5789-2482

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

page top