Flash/Flexマイグレーションサービス

高品質かつ効率的な移行で
サイバーセキュリティを強化したシステムへ再生

Re@nove(リノーブ)では、 Flexで開発された業務システムを利用している企業に向けて、現行システムを今後も安全にご利用いただけるように、HTML5/Angularへ移行するサービスをご用意しています。自動変換ツールを活用し、サーバーサイドのロジックを変更することなく、Flexで構築されたシステムをHTML5/Angularアプリケーションに移行します。FlexのMXML/ActionScriptをHTML5/Angularに移行し、通信方式を変更することで、既存システムのビジネスロジックに影響を与えずに移行します。サーバーサイドのロジックは変更しないため、効率的な移行を実現できます。

機能をそのままに最新のシステムへ

機能をそのままに最新のシステムへの図

Adobe Flash /Apache Flex継続利用、
脆弱性は甚大な被害をもたらす
リスクとなります。

!

Flashの脆弱性を悪用したサイバー攻撃は、2015年ごろから急増しました。Flashの脆弱性を利用したサイバー攻撃は、情報流出やウイルス感染、クラッシュ、乗っ取りといった深刻な被害につながる恐れがあり、主要なブラウザーでは徐々にFlashの自動再生が行われなくなっていきました。こうした状況を受けて、2017年7月25日、アドビシステムズは2020年末でFlash Playerのアップデート・配布を終了することを宣言し、開発環境であるFlexのサポートも完全に終了します。

Adobe Flash /Apache Flexの継続利用により
他にも発生する様々な問題

  • 情報流出やウイルス
    感染など深刻な被害に
    繋がる恐れ
  • Flashの
    自動再生が減少
  • 2020年末
    サポート終了
  • 2020年末までに
    主要なブラウザで
    Flash機能廃止

今後も新たな脆弱性が発見され、サイバー攻撃による被害が甚大化するリスクがあります。
リスクを低減するためには、できる限り早急に対応することが重要です。

Re@noveの
Flash/Flexマイグレーションサービスの特長

自動変換ツールの活用で
高品質かつ効率的な移行

MXML/ActionScriptの標準的な記載箇所の移行は、変換ツールにより自動的に行います。手作業による人為的ミスや手戻りを抑制できるため、高品質かつ効率的なマイグレーションを実現できます。徹底して自動化ツールやナレッジ活用を進めることで効率化を行い、高い品質を確保します。

サーバーサイドの
マイグレーションにも柔軟に対応

Flexと合わせて、アプリケーションを構成しているサーバーサイドアプリケーションのバージョンアップなどにも対応可能です。また、データベースのバージョンアップや、OracleからSQL Serverなどへのデータベース変更、データベース変更に伴うSQL変換にも対応が可能です。

便利なワンストップ/
トータルソリューション

アセスメントから、設計・開発・テスト・導入、運用・保守に至るまで、すべての移行プロセスにワンストップで対応します。しかし、Flash/Flexから脱却するだけでは、セキュリティ対策が十分とは言えません。シーイーシーのトータルセキュリティソリューション「Cyber NEXT」を活用することで、進化し続けるセキュリティの脅威に対抗し、お客様のビジネスを守ります。

Re@noveの
Flash/Flexマイグレーション導入の流れ

まずは無料診断を実施します。作業に着手する前に概算見積をご確認いただけるので安心です。
調査分析・パイロットコンバージョンを実施した後、本格的な対応に移ります。

無料診断
  • 移行インパクトの分析
  • 移行方式のご提案
  • 移行費用・期間の算出
調査分析・
POC
  • 調査分析/パイロットコンバージョンの実施
お見積り
  • 本格対応のお見積り
本格対応
  • 自動コンバート

    標準的な記載箇所をルールに従いコンバート
    (変換ツール使用)

  • 手動コンバート

    標準外および、業務記述など、標準コンバートできない箇所を個別にコンバート

  • 動作確認

    新旧システム画面の動作確認(疎通確認)

Flash/Flexのマイグレーションでお困りの企業様は、
まずは無料診断サービスをお試しください。

無料診断

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2442

Webからのお問い合わせ

page top