サービス紹介
Windows/Office EOS対策サービス

スムーズな移行に向けて、計画から運用までを一括サポート

HOME > サービス紹介 > Windows/Office EOS対策サービス

Windows 7/Windows Server 2008/Office 2010

間もなくサポート終了!EOS対策は進んでいますか?

昨今、企業や組織を狙うセキュリティ脅威が巧妙化し、特定の企業をターゲットとした標的型攻撃や、データをロックして身代金を要求するランサムウェアといった新たな手口が登場しています。
一方で、Windows 7、Windows Server 2008、Office 2010の延長サポート終了は2020年に迫っています。脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムが提供されなくなることで、「サイバー攻撃の格好の標的になる」「マルウェアの感染や不正アクセス被害のリスクが飛躍的に高まる」など多くの問題が生じます。最新バージョンへの移行は、組織を脅威から保護するばかりでなく、多様なデバイスやクラウド環境への対応を可能にし、今や社会的に推進されている働き方改革にもメリットが期待できます。移行には準備期間を要します。Windows 7、Windows Server 2008、Office 2010のサポート終了の課題を抱える企業様は早期に移行をご検討ください。

Windows/Office延長サポート期間

EOS対策サービスラインアップ

Windows 10、Windows Server 2016へ移行をご検討のお客様はこちら

Windows移行支援サービス

Windows移行支援サービス

Windows 7からWindows 10へ、Windows Server 2008からWindows Server 2016へ、 スムーズな移行に向けて計画から運用まで支援します。

Azureへ移行をご検討のお客様はこちら 別ウィンドウで

Azure移行支援サービス

延長サポート付き Azure移行支援サービス 別ウィンドウで

「延長サポート付き Azure移行支援サービス」では、お使いのサーバーをAzureへ移行することで、拡張セキュリティ更新プログラムがさらに3年間マイクロソフトより無償提供されます。

※対象:Windows Server 2008 SP2(64bit)/Windows Server 2008 R2

Office製品の移行をご検討のお客様はこちら

Officeアップグレード検証サービス

Officeアップグレード検証サービス

現在ご利用中のOffice製品で作成された業務ツールなどが、Officeアップグレード後にも問題なく動作するか、互換性を検証します。非互換部分が発見された場合には、プログラム改修も対応します。

シーイーシーが選ばれる理由 最新OSへの移行を検討されるているお客様、まずはお気軽にお問い合わせください!
Page Top