サービス紹介
コンテナプラットフォーム導入支援サービス

開発と運用を連携させ、継続的な情報システム改善を支援

HOME > サービス紹介 > コンテナプラットフォーム導入支援サービス

「新しいアイデアの早期実現」「次世代のIT環境」「継続的なサービス改善」
を実現したいお客様のための、コンテナプラットフォーム『Red Hat OpenShift Container Platform』導入支援サービスです。

「Red Hat OpenShift Container Platform(以下、OpenShift)」は、DevOpsに対応したコンテナアプリケーションの継続的な開発からデプロイメントの自動化を可能にする革新的なコンテナプラットフォームです。
本サービスでは、信頼性の高いパブリッククラウドである「Microsoft Azure」上に「Red Hat OpenShift Container Platform」を組み合わせ、より安定的な運用環境を実現します。 導入後、どのように活用/運用していくか(保守運用プランニング)についても手厚くフォローいたします。

Re@noveの「マイグレーションサービス」「BPOサービス」に、本サービスを組み込むことで、次世代のIT環境へのシステム移行、開発・保守運用をトータルで提供し、顧客システムの「継続的な情報システム改善」をサポートします。

コンテナプラットフォーム導入支援サービス

こんなIT課題を解決します

  • ビジネスニーズや社会ニーズを迅速に情報システムに反映したい
  • アプリケーションのデプロイやテスト実行を自動化して、運用コストを削減したい
  • オープンソースを活用して維持保守コストを低減したい
  • DevOps(※)を実現していきたいが、どう推進していいか分からない
  • アジャイル開発環境を導入したいが、どう導入していいのか分からない
  • 各種ミドルウェアのインストールや設定が複雑で環境セットアップに
    時間がかかる
  • 環境設定/リリース作業を手順化しても、陳腐化が早い。
    また、人為的ミスの発生が絶えない

※ 開発部門と運用部門のメンバーが連携・協力し、ビジネスに求められるシステムやアプリケーションを短期間でリリースを可能にする手法。

シーイーシーのコンテナプラットフォーム導入支援サービス

「Microsoft Azure」とRed Hat製品を組み合わせた、信頼性の高いコンテナプラットフォームをご提供いたします。

コンテナ化(OpenShift)
業務アプリケーション/フレームワーク
(Java/Spring MVC)
APサーバー/
ワークフロー&ルールエンジン
(JBoss シリーズ)
様々な
PaaSサービス
(DB、CI/CD 他)
コンテナOS
(RHEL)
パブリッククラウド
(Azure)

信頼性の高いオープンソースベースのミドルウェアのみを活用し、お客様運用環境のコスト低減と品質向上に寄与します。

アプリケーションのコンテナ化によるCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)環境をご提供します。

コンテナOSと多様なJBoss製品群を組み合わせることにより、開発スピードを極限まで向上することが可能です。

パブリッククラウドならではのスケールアウト、スケールインが可能です。

サービス構成(サービスメニュー)

※2017年10月初旬からサービス開始予定。

OpenShift
スタートアップ・サービス
OpenShift のサンプルテンプレート環境の構築を通じて、OpenShiftの活用全般に対する理解を深めていただきます。 500万円~
OpenShift
プロトタイプ設計・実装支援
既存の開発/運用プロセスとのFit&Gap分析を実施し、プロトタイプ設計・実装を支援いたします。 600万円~
Red Hat製品
サブスクリプション提供
OpenShift、JBossといったRed Hat製品を、当社ダウンロードサイトから、サブスクリプション提供いたします。 調整中

サービスの流れ

コンテナプラットフォーム導入支援サービスの流れ

Page Top