サービス紹介
マイグレーションサービス

独自のメソッドで後悔しないマイグレーションを実現

HOME > サービス紹介 > マイグレーションサービス

現行システムの延命にとどまらず、戦略的IT投資が可能なシステムへと再生。蓄積された業務ノウハウを失うことなく、保守運用コストの削減や拡張性の確保など新たな価値を生み出します。

こんなIT課題を解決します

  • 既存システムを継続活用したいが、ハードウェアのソフトウェアサポート期限が迫っている
  • ビジネスのスリム化に伴い、システムもダウングレードしたい
  • システム統合基盤へシステムを集約したい
  • レガシーハードウェアの保守コストを削減したい
  • システムをクラウド化することで保守運用コストを削減したい
  • 特定ベンダーに依存しているシステム構造を改革したい

シーイーシーのマイグレーションサービス

特長
1
マルチベンダー/マルチプラットフォーム対応

既存のIT資産をマイグレーションするには、システムのプログラムを新たな環境に合わせ言語変換するだけでなく、新しいプラットフォームに合わせて付随するソフトウェアも変換する必要があります。
Re@noveの変換メソッドは、データベースやアプリケーションサーバなど、システムの継続利用に必要となるすべてのソフトウェアの変換に対応しています。
独立系システムインテグレーターならではのマルチベンダー対応で、お客様に最適なプラットフォームをご提案します。

特長
2
最適な移行をコーディネートするコンサルティングサービス

「システム移行のメリットが分からない」「要件が定まらず過剰な費用見積もりになってしまう」「移行と再構築、どちらがいいのかわからない」など、方針が定まらず実行に踏み切れない状態を解決します。
現行システム無料移行診断、システム調査による影響分析、保守運用まで見据えたアプリケーション移行計画の策定など、豊富なサービスで移行のメリット・デメリットを浮き彫りにします。
さらに有効資産の棚卸し、仕様回復など、不確定要素を取り除く各種サービスをご用意しています。

特長
3
マイグレーションの落とし穴を回避する独自の解析メソッド

マイグレーションプロジェクトが陥りがちな落とし穴に、移行後のテスト工程が挙げられます。多くの場合、原因は移行インパクトを可視化しないまま移行が完了し、検証工程に進んでしまうこと。想定以上のエラーが発生し、トライ&エラーのループから抜け出せずプロジェクトが炎上してしまうのです。
Re@noveでは、可視化・診断・分析フェーズで潜在的な移行リスクを把握し、事前に対策を打つことでスムーズなマイグレーションを実現します。

特長
4
工期・コストの削減とクオリティの両立

開発言語の自動変換ツールによる変換率はシステム構造によって大きく変動します。例えばVBマイグレーションの場合、サードパーティ製品への依存度が高いほど、自動ツールでの変換率が下がり移行インパクトは大きくなります。
Re@noveでは、可視化・診断・分析フェーズで特定した変換パターンを元に独自の変換ツールをカスタマイズすることで、精度の高い変換を実現。さらに作り込みが必要な部分には、専門知識を持つ技術者が個別に対応するため、生産性を維持しながら高品質な言語変換サービスを提供しています。

特長
5
受け入れテスト支援、代行

Re@noveでは、現環境と新環境での挙動一致確認を行う現新比較テスト、新環境での性能テストや他システムとの連結を確認するインターフェーステストなど、マイグレーションプロジェクトにおける一連の品質保証を行っています。現行システムのナレッジや業務ノウハウが必要とされるため、一般に受け入れテストの支援や代行は困難とされています。シーイーシーは、長年にわたり様々な業種のお客様へシステム構築・保守サービスを提供してきた実績に基づき、システムの構造を可視化する独自の解析メソッドを確立しました。変換箇所の単体テストだけでなく、移行先の新プラットフォームでの受け入れテストの支援、代行も提供しています。

特長
6
中長期の保守を見据えたプランニング

マイグレーション手法の選択肢によって、初期コストや保守性に大きな差が生じます。
変更頻度の低い塩漬けシステムの延命が目的であれば、初期コストを圧縮できるマイグレーション手法を選択し、保守性を犠牲にするという選択肢も存在します。一方で変更頻度の高いシステムの場合、保守性低下はシステム調査や改修、ランニングコストの増加を引き起こし、結果としてトータルコストが増加してしまう恐れがあります。
Re@noveは、移行後の維持・運営までワンストップでサポート。当事者意識をもって中長期の保守・運営を視野に入れたプランニングをご提供します。

特長
7
見落としがちなデータ移行もサポート

マイグレーションにおいて検討を後回しにしがちなデータ移行。オープン系システム同士のマイグレーションでデータ構造に変更が無ければ大きなインパクトにはなりませんが、レガシーシステムのオープン化に伴うリレーショナルデータベースへの構造変更や、マイグレーションと同時に構造最適化・コード設計の変更を実施する場合は事前の対策が重要になります。
Re@noveでは、豊富な移行実績をもとに作成したテンプレートでスムーズなデータ移行をサポートします。

サービス構成

VBマイグレーション VB6.0以前の旧バージョンなどから最新の.NET環境へのマイグレーションを行います。DB変換など、継続利用に必要な一連の対応が可能です。
クライアントサーバーシステムのWEB化実績も豊富です。
VB.NETマイグレーション リライト方式
ラッピング方式
ASP.NETマイグレーション リライト方式
DB変換 リライト方式
JAVAマイグレーション レガシーアーキテクチャで稼働するJAVAアプリケーションを最新環境へ移行します。JDKバージョンアップと合わせてAPサーバーやDBをOSSへ移行し、運用コストを削減することも可能です。 JDKバージョンアップ リライト方式
OSS移行 リライト方式
DB変換 リライト方式
アプリケーションサーバ
変換
リライト方式
メインフレーム移行
オフコン移行
各種メインフレーム、オフコン上で稼働するレガシーシステムの移行を実施します。リライトによるオープン化だけでなく、ホスト環境をエミュレートした環境をご提供することで移行コスト圧縮も可能です。
また、独自ツールによるアセンブラやPL/Iなどの旧言語の解析・変換サービスも行っています。
インフラお引越し リホスト方式
COBOLオープン化 リホスト方式
リライト方式
アセンブラ変換
(COBOL、C)
リライト方式
PL/I変換(COBOL) リライト方式
DB変換 リライト方式
JCL変換 リライト方式
Office互換性改修サービス Office365へ移行した際のAccessやExcel互換性検証、必要な改修を行います。 Office互換性検証
Office互換性改修
データ移行 レガシーシステムのオープン化に伴うリレーショナルデータベースへの構造変更や、データ構造の最適化・コード設計の変更など、マイグレーションにおいて必要となるデータ移行プロセスの支援を行います。 移行コンサルティング
移行サービス

サービスの流れ

マイグレーションサービスの流れ

Page Top